2017年09月14日

新居

息子は入院する前に彼女と同棲するためのアパートを見つけていた。
前から我が家を出る話は聞いていたけれど。

病院から外出許可をもらった息子は
まだ何もない新居に私を案内してくれると言う。

私が病院に着いてまもなく、息子の彼女も来たので
偶然にも病院の近くだという新居へと3人で行った。

築10年くらいだというアパートは、きれいにリフォームされていて
日当たりも良さそうで住みやすそうな感じだった。

そんなことよりも
新生活に期待し目を輝かせて楽しそうにしている息子を見ていると
それだけで私も嬉しくなる。

(本当に彼女が好きなんだな)

息子の時折見せる表情やしぐさで
そんなことを感じていた。


ここで私は少し真面目な話をした。

多発性硬化症でほぼ間違いないだろうという先生のお話と
そうなってしまったら、この病気とうまく付き合っていくこと。
彼女には、今は、自分中心に考えて欲しいということ。
息子には、彼女が決めたことをきちんと受け止めて
感謝はしても恨んだりするなということ。

私は、別れろとは言わない。
それは本人たちが自分で決めることだから。


話をしながら
親なんて、ホント無力だよな~って思ってた。
どんなに心配しても、どんなに支えようとしても
彼女には敵わないんだよね。

でも、それでいい。
息子は今年24になった。
もう普通に大人なんだから、彼女より母親だったら逆にイヤだ。

だから私は
二人が出した結果を応援していくしかない。


新居を出たあと病院への帰り道は普通に雑談をして
私は病室に戻らず駅へ向かった。
息子の付き添いを彼女にまかせて。



多発性硬化症 ブログ
posted by 鈴 at 20:00| Comment(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする