2017年09月07日

白い影

病室に着いたら、息子のパッと見元気そうな姿に安心した。
看護師さんが私を見つけ、先生を呼んでくれた。

「画像を見ながらお話しましょうか」

そう言って、ナースステーションっぽい場所の中の相談室へ案内された。

まずは、脳のMRIから。そして、脊椎を撮った画像。
病巣という白い影を見つけては教えてくれる。

「多発性硬化症の特徴がよく出ています」

(小学生が書いたヘンテコリンの絵に先生が褒めているみたい)

これからどんな検査をするのか、どんな治療をするのか
一通りの説明をしてくれたけど、あまり頭に入らない。

「命に別状はありますか?」

先生は少し間をおいてから、命に別状はないと否定してくれた。



posted by 鈴 at 20:00| Comment(2) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする